北海道・道北編⑤/ラスボス感漂う稚内とサロベツ原野

今日は北海道・道北地方5日目。

最北端に向けて・・・宗谷地方・サロベツ原野と稚内をレポートです。



改めてこんにちは!ゆとり世代の47色のにっぽん発見人@シンタローです。



ロシア語表記も目にする稚内市内。

WKJ (114)
WKJ (113)


でもその前にオロロンラインを経由してそのまま日本海側を

直進していくとサロベツ原野に到着します。

WKJ (112)
WKJ (110)


ここも50kmくらい同じような風景の道のり。

ちょうど夕暮れ間際に到着したこともありラスボス感が漂っていました。笑

WKJ (115)


風力発電機が一列に並ぶスポットもあり・・・



そして何よりも「利尻島」「利尻富士」が綺麗に幻想的に見えました。



日本の旅を愛するものが一度は行ってみたい「利尻島」・・・

まだあの地には行けてないので、いつかは行きたいと思わせてくれました。



稚内市は人口は約35,000人程。

目を引くのは冒頭でもお伝えしたロシア語の表記。

WKJ (100)


サハリンとも40kmも離れていない街なので

道北の中心都市、旭川市よりはるかに近い(旭川までは約250km・・・)

WKJ (102)


山の上から見た市街地はこんな感じです。

ちょっぴりさみしい感じはしますね。

WKJ (105)


稚内駅は日本最北端の駅として整備されていますが

繁華街の中心は1駅横の南稚内駅。

WKJ (106)
WKJ (103)


海産物も非常に旨いものが並んでいて美味しくいただきました。



稚内で更に驚いたのが、NHK天気予報・・・

WKJ (108)


はい、7月!!笑



薄いウインドブレーカー必須、という凄い気候でした。



同じ日本と言う国でもかなりのカルチャーショックはあります。



日本って意外と広い。そんなことを思わせてくれる稚内の訪問でした。



というわけで、今日は稚内と宗谷のサロベツ原野のレポートでした。



さぁ、明日は道北のどこでしょう?



あ、そうそうこのブログに対する想いは第1回目の記事に書いてるから

これを見てね!

↓↓

記念すべき「ゆとり世代の47色にっぽん再発見旅」1回目の記事



47色のにっぽん発見人@シンタロー



↓↓もしブログを気に入っていただけたら、ランキングアップのためこちらのクリックをお願いしますm(__)m↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

ブロトピ:国内旅行
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました♪
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:さとり世代ブログの更新報告








北海道富良野産 赤肉メロン 2Lサイズ(1500g以上)1玉【送料無料】【お中元ギフト】【10P03Dec16】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。