京都編②/秋の嵯峨嵐山

今日は京都編第2弾ですね。

ゆとり世代の47色のにっぽん発見人@シンタローです。



僕が大学時代に阪急電車で京都へ通学していたとき

不思議な電車が生まれました。

西宮北口発、嵐山行き直行便・・・

当時はまだ試験的に動かしている印象でしたが

今では秋の嵐山アクセスとして梅田・神戸三宮・宝塚や

天下茶屋・日本橋(なんば)から阪急電車で直行便が豊富になりました。



阪急さん、ありがとう!



秋の京都って素晴らしい。

よくテレビとかで見るけど実際はどうなの?

IMG_1477.jpg


答えは、綺麗です!ただし、タイミングによります。

地元の人曰く、紅葉の綺麗さも毎年気候によって変わるとの事。

IMG_1273.jpg


そして翌年の京都紅葉をPRするポスターなんかは

前の年の紅葉を使うのでPRが少ないときは

前年が微妙で素材がないから、とのこと。



京都の方々の誇り、プライドをこうした細かいところからも

感じる事ができますね。



なので僕が嵯峨嵐山に最後に紅葉狩りに行ったのが

この写真達ですが・・・



この年の紅葉は最悪だったそうです・・・

これで阪急電車は「満開」と言ってましたからね。笑



ただ、自然現象なので仕方のない事です。

だから、また「今度はもっと立派な嵐山の紅葉が見たい!」と思えるし

立派な紅葉にヒットできたなら「もう一度見に行きたい」って思える。



前回は屋形船に乗らなかったから今回は乗ろうとか。

そんな僕も今年の秋は京都嵐山の紅葉に行きたい!

記事を書きながら思うのでした。



というわけで、今日は京都・秋の嵯峨嵐山でした。



明日はどんな記事になるのかな?



あ、そうそうこのブログに対する想いは第1回目の記事に書いてるから
これを見てね!
↓↓
記念すべき「ゆとり世代の47色にっぽん再発見旅」1回目の記事



47色のにっぽん発見人@シンタロー

↓↓日本の魅力を伝えるべく頑張ります、応援お願いします!↓↓











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。