FC2ブログ

静岡編②/島田の歴史、蓬莱橋

今日は静岡編2日目。

大井川を渡るには・・・



改めてこんにちは!ゆとり世代の47色のにっぽん発見人@シンタローです。



江戸時代、大井川は東海道最大の難所として知られていました。

幕府がある江戸を守る意味から実は橋を架ける事は禁じられていて

川越人足に頼るしかない状況だったそうです。



明治時代にかけられたのがこの蓬莱橋。

島田と牧之原を結ぶためにかけられた橋は約870m。

IMG_3850.jpg


法律上では農道らしいからびっくりです・・・笑



歴史を知る前には蓬莱橋のイメージは勝手に

江戸時代にかけられたもの、と思い込んでいました。

IMG_3851.jpg


意外にも新しく明治時代にかけられたんですね。

(それでもその他の橋と比べるとかなり古いですが・・・)



この橋、近くで見たら偉大さを痛感します。



木造



130年前にかけられた橋として残るその姿は

凛々しくも見えますね。



歩いて渡る事ももちろんできるので

体力自慢は往復歩いてみるといいと思います^^

IMG_3855.jpg


往復で1.7kmになりますが・・・笑



というわけで、今日は島田の蓬莱橋のレポートでした。



さぁ、明日は静岡のどこでしょう?



あ、そうそうこのブログに対する想いは第1回目の記事に書いてるから

これを見てね!

↓↓

記念すべき「ゆとり世代の47色にっぽん再発見旅」1回目の記事



47色のにっぽん発見人@シンタロー

↓↓もしブログを気に入っていただけたら、ランキングアップのためこちらのクリックをお願いしますm(__)m↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村






ブロトピ:国内旅行
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。