滋賀編⑥/近江八幡、近江商人歴史に浸る

今日は滋賀編第6弾!



JR大阪駅から新快速に乗ると「京都方面野洲ゆき」があります。

その更に1つ先の駅が今日の目的地です。



改めてこんにちは!ゆとり世代の47色のにっぽん発見人@シンタローです。



滋賀の近江八幡。「安土城」というお城は聞いたことある人多いと思います。

そう歴史の「安土桃山時代」の安土。織田信長が築いたお城。



近江八幡市は平成の大合併で旧近江八幡市と安土町が合併して出来た街。

滋賀の歴史が詰まっているんですね。



そんな街の中心部は歴史保存地区として国の重要文化財に指定。

「近江商人発祥の地」としても有名なんですね。

SCL (295)


三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」



これが彼らのモットーだとか。



元々は近江八幡も八幡城を中心に築かれた城下町。

自転車サイクリングなんかしてもとてもおもしろい。



八幡堀は八幡宮の近くにあります。

すごく雰囲気良くないですか!?

SCL (296)


ちなみにこの八幡堀近くには

以前紹介したクラブハリエの近江八幡の支店も。



街歩きと合わせてスイーツ!なんかいいかもですね~



こうやって綴ってわかるのが、

「滋賀県何もないやん!」というのではなく

「知れば知るほど味があるやん!」が正解な気がする。



というわけで、今日は滋賀・近江八幡でした。



さぁ、明日は滋賀のどこでしょう?



あ、そうそうこのブログに対する想いは第1回目の記事に書いてるから

これを見てね!

↓↓

記念すべき「ゆとり世代の47色にっぽん再発見旅」1回目の記事



47色のにっぽん発見人@シンタロー

↓↓日本の魅力を伝えるべく頑張ります、応援お願いします!↓↓












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。